本文へスキップ

不安障害治療

医療気功ストレッチとは




不安障害不安障害不安障害 不安障害

気功ストレッチとは、精神病の根本原因である脳機能障害を改善するものです。
自分が持つ「氣」という生命エネルギーを使い大脳辺縁系を中心に、脳に良い気を送り
刺激を与えることで、脳組織が蘇生されるようにしたものです。
大脳辺縁系は、内分泌系と自律神経系に影響を与えることで機能しており、
本能的な欲求にかかわる感情の表出、意欲、そして記憶や自律神経活動に
関与している複数の構造物の総称です。

大脳辺縁系の精神病と関係の深い部位を説明させていただきます。


不安障害

視床下部(ししょうかぶ)

食欲、性欲、不安や恐怖感、睡眠、ホルモンなどをつかさどっている脳部位です。
視床下部は交感神経・副交感神経機能及び内分泌機能を
全体として総合的に調節している。

視床下部には、体温調節中枢、下垂体ホルモンの調節中枢、
浸透圧受容器などがある。

また、視床下部は摂食行動や飲水行動、性行動、睡眠などの本能行動の中枢
及び怒りや不安などの情動行動の中枢でもある。

不安障害


線条体(せんじょうたい)

脳内報酬系、快楽、そして薬物依存などに関与している。
運動機能への関与が最もよく知られているが、
意思決定などその他の神経過程にも関わると考えられている。



不安障害


扁桃体(へんとうたい)

本能的な欲求にかかわる感情反応の処理と記憶において主要な役割を持つ。
攻撃性や恐怖に関与している。


不安障害



海馬

記憶や空間学習能力に関わる脳。虚血に対して非常に脆弱であることや、
アルツハイマー病における最初の病変部位。
心理的ストレスを長期間受け続けるとコルチゾールの分泌により、
海馬の神経細胞が破壊され、海馬が萎縮する。
心的外傷後ストレス障害(PTSD)・不安障害にはその萎縮が確認される。
海馬は統合失調症との関連が指摘されている。



不安障害


前頭葉(左が顔面側、水色部分)

報酬、注意、長期記憶、計画や意欲と関連付けられている。
視床から前頭へと伝えられる感覚情報の制限、及び選択に
関連しているとされている。
現在の行動によって生じる未来における結果の認知や、
より良い行動の選択、許容され難い社会的応答の無効化と抑圧、
物事の類似点や相違点の判断に関する能力と関係している。
前頭葉は、課題に基づかない長期記憶の保持における重要な役割も担っている。
それらはしばしば大脳辺縁系からの入力に由来する情動と関連付けられた記憶である。
前頭葉は社会的に好ましい規範に適合するようにこのような情動を調整する。


前のページに戻る