本文へスキップ

不安障害治療

坐禅とは


坐禅

坐禅は古くはインドから中国、そして日本へ伝わった悟りを得るための修行法ですが、現代では健康増進や能力開発と言った様々な分野でも坐禅が応用されています。

あまり知られていませんが、坐禅は様々な精神病や身体的な病気にも効果があることが分かっており、今後医療の分野においても、この坐禅が多く取り入れられていくことと思います。

坐禅は姿勢を正し、結跏趺坐(けっかふざ)あるいは半跏趺と言った坐り方をして、呼吸に心を込め半眼の姿勢をとります。
精神を統一することで、心と体のバランスが整い、気が満ちてきます。

坐禅の要は、「三事を調える」
その一は、「調身」−身体を調える。
その二は、「調息」−息を調える。
その三は、「調心」−心を調える。
この3つを調えるのが坐禅です。

これらを調えることで、心が深くリラックスし、心と体のバランスが調い、様々な精神病や身体的な病気回復に効果があります。
                        

前のページに戻る